宇都宮の法律ガイド


一括相互リンク

宇都宮で交通事故にあったら

宇都宮では毎年必ず交通事故の被害が出ています。平成25年のデータによると、発生件数は2363件で、負傷者は2938人になり、死者も13人出てしまいました。残念ながら、交通事故は現代社会で生きる上で、誰もがいきなり遭遇してしまうおそれがあります。もし明日交通事故に遭っても慌てず、弁護士を立てて、賢く立ち振る舞いましょう。

交通事故で弁護士を立てる意味とは

「示談なんかに弁護士が必要なの?」

そのように考えて、自分と相手だけで解決を図ろうとする方も少なくありません。実際警察や保険会社も間に入るので、きちんと報告さえすれば、さしたる問題もないでしょう。

しかし、弁護士を立てれば、次の3つのような長所があります。

賠償額の増額に期待できる!

交通事故では過失がある方が、被害者に賠償金を支払うことになります。ただこの賠償額、なかなか納得できる額に達しないことも多く、不満を覚える方も多いようです。弁護士を間に挟めば、裁判所基準で賠償額を導き出して、理想の額がもらえるように奮闘してくれます。お金の問題は、やはり交通事故に遭ったときには大事なことなので、ご検討を。

わずらわしいやり取りがなくなる

保険会社や裁判所を行き来するのは、被害者にとって苦痛以外の何ものでもありません。気が滅入って、すべてを投げ出したくなることもあるでしょう。これも弁護士を立てれば代行してもらうことができます。精神的な負担の軽減に、起用してみてもいいでしょう。

入院中でも相談できる

病院まで足を運んで話を聞いてもらえるので、弁護士との連絡はとてもラクです。リハビリに集中しながら解決を待てるため、肉体的なダメージが大きい場合も重宝しますよ。