宇都宮の法律ガイド


一括相互リンク

宇都宮での遺言・相続問題

相続に関する問題は意外に難しいところがあります。遺書の有無、相続人の状態などによって、より複雑化することも…。お金のトラブルは、一度こじれてしまうと、深い遺恨となります。今後も穏便な親戚関係を続けるために、弁護士を頼るのも1つの手です。

宇都宮で「相続問題」を得意とするプロを探して、まずは相談してみましょう。

相続にありがちな問題とは?

まず困るのが、遺書です。基本的に遺書が残されている場合は、その内容に全面的に従うのはルールですが、その遺書自体が偽造されていたり、法的な拘束力を持つものなのかわからないことがあります。そうなってくると、親族が好き勝手に権利を主張して、トラブルになります。お金の問題となると、普段とは目の色が変わるのが人間というものです。

さらに厄介なのは、遺書が残されていない場合です。

「自分にも相続の権利がある」「生前に**と言われていた!」などと、これも泥沼化するパターン。実際、法律では相続に関する決め事もきちんとあるので、遺書のあるなしに関わらず、トラブルの気配が出てくればすぐに弁護士を雇うことをおすすめします。

税金のことも教えてくれる!

相続したお金には、必ず税金がかかってくることになります。「相続税」という制度がもうけられているのです。ただし、これはある方法を取れば、うまく節税できることもできるお金です。継続して繰り返していると税務署の目を光らせますが、弁護士はそのあたりの上手な方法もよく知っています。懇意になれば、親切に教えてくれるかもしれませんね。

相続は「親族」という概念が途絶えない限り、世界から消えることのない問題です。生半可な法律知識で挑んでも怪我をするだけなので、早めのご相談が大事となってきます。